ピロリ菌とは?



ピロリ菌とは、通称ヘリコバスター・ピロリと呼ばれている細菌です。


ピロリ菌は、日本人の2人に1人の割合で持っていると言われています。ピロリ菌とは


日本人は胃がんになる確率が非常に高いと言われています。


このピロリ菌が胃がんの原因として解明されたのはわりと歴史は浅く、1983年にオーストラリアのロビン・ウォレンとバリー・マーシャルによって発見されました。


このピロリ菌は胃の中で泳ぎ続けています。


そして
胃の粘膜に付着し、害を及ぼします。


その原因が胃がんになどの胃の病気につながってきます。


また胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの病気にもつながってきます。


ピロリ菌は胃の粘膜でしか生きられませんが、それ以外のところでは冬眠状態にはいっているのです。


日本人は、世界的に見ても胃がんになる割合が高いと言われています。


これはピロリ菌が大きく関係してるのです。


■ピロリ菌の原因



ピロリ菌の原因は、感染経路についてははっきりとしたことはわかっていません。


しかし多くの人は幼いときに感染し、人から人へ感染していることがわかっています。


40歳を越えるころにはピロリ菌を80%以上の人が持っていると言われています。


それが発症するかどうかなのです。


この原因としていちばん言われているのがピロリ菌はゴキブリが運んできていると一説で言われています。


■ピロリ菌のに感染しているかどうかどやって調べるの?



ピロリ菌に感染しているかどうかはいくつかの検査によって調べることができます。


まずは胃カメラを使って調べる方法があります。


ピロリ菌はもちろん、潰瘍やガンについても正確に検査することができます。


また胃カメラを使用せずに薬を使用して調べることも可能です。


■ピロリ菌の治療法



ピロリ菌は抗生物質を使ってやっつけます。


現在の医学は進歩しており、抗生物質を使ってのピロリ菌の撃退率は80%〜90%は芸対することが可能です。

しかし強い薬のため、副作用がでることもあります。


この副作用は、下痢・軟便・皮膚湿疹・味覚異常・食欲不振・舌炎などがあります。


十分に医師の指示を仰いで薬を使用するようにしましょう。





◆自宅で簡単にがん検査が受けられる!!!


KENSA.BIZ郵送検査キット では、自宅で簡単に胃がんの検査が行えます。


忙しくて病院に行く時間のない方でも簡単に行えます。


検診セットが届くので内容に従って検体を郵送すれば1週間〜2週間で検査を知ることができます。


KENSA.BIZの郵送検査キットの注文はこちらから
                   ↓






「末期ガンから生還した!」「延命した!」「副作用が軽減した!」
など世界中から感謝の声!
資料とサンプルを無料でお届けします。


        資料請求はこちらから
          ↓     ↓    ↓