術後のタバコやアルコールは?



術後のタバコやお酒はどうなのでしょうか?


胃を切除してしまったからといって特に「煙草が絶対に吸えない」「お酒は絶対に飲んでは駄目ということはありません。


タバコですが、これは癌だからという問題ではなく、タバコは体に害を及ぼすものです。


とくに
癌とタバコは深く関連しています。


さらにタバコには強い依存症があります。


一度吸うと、なかなかやめられず、その成れの果てが癌につながってくるのです。


人間の心理上、ガン=死を想像してガンになってからやめる人も多いようです。
お酒とタバコもし胃がんに(に限らず癌に)なってしまったら禁煙することをおすすめします。


それからアルコールですがこれは
ビール、発泡酒といった炭酸を含むアルコールはなるべく避けたほうがよいでしょう。


炭酸はお腹を満腹感にする働きがあります。


胃を切除した場合とくに最初はものがあまり食べられないといったことになってきます。


当然胃を切除、または摘出しているわけですからそうなってきます。


そこでビールや発泡酒を飲んで急に満腹感にひたると当然支障がでてくる可能性がでてきます。


胃を切除したことによって酔いも早くなってくると思います。


アルコールの飲みすぎには十分注意しましょう。





◆自宅で簡単にがん検査が受けられる!!!


KENSA.BIZ郵送検査キット では、自宅で簡単に胃がんの検査が行えます。


忙しくて病院に行く時間のない方でも簡単に行えます。


検診セットが届くので内容に従って検体を郵送すれば1週間〜2週間で検査を知ることができます。


KENSA.BIZの郵送検査キットの注文はこちらから
                   ↓






「末期ガンから生還した!」「延命した!」「副作用が軽減した!」
など世界中から感謝の声!
資料とサンプルを無料でお届けします。


        資料請求はこちらから
          ↓     ↓    ↓