手術後の合併症って?



胃がん術後の合併症は大きくわけて3種類の副作用があげられます。


ではどのような合併症があるのでしょうか?


■ダンピング症候群



胃を摘出すると食がどうしても以前より少なくなってきます。胃がん術後の合併症


食後の後に悪心、嘔吐、下痢、腹痛、めまいなどが起こることをダンピング症候群といいます。


一度にあまり食事がとれないため、食事の回数を増やし、少しづつの食事をとることで徐々にこのダンピング症候群は改善されていきます。


■逆流性食道炎




これは胃を全て摘出した場合に起こる副作用です。


強塩酸を含む胃液が食道に逆流して炎症が起こります。


簡単にいえば胸やけです。


■無胃性貧血



これは悪性の貧血になります。


胃を全部摘出した場合、3〜5年の間に起こることがあります。


ビタミンB12や葉酸の欠乏によって起こります。


またカルシウムの吸収不良による骨代謝障害もおこります。





◆自宅で簡単にがん検査が受けられる!!!


KENSA.BIZ郵送検査キット では、自宅で簡単に胃がんの検査が行えます。


忙しくて病院に行く時間のない方でも簡単に行えます。


検診セットが届くので内容に従って検体を郵送すれば1週間〜2週間で検査を知ることができます。


KENSA.BIZの郵送検査キットの注文はこちらから
                   ↓





「末期ガンから生還した!」「延命した!」「副作用が軽減した!」
など世界中から感謝の声!
資料とサンプルを無料でお届けします。


        資料請求はこちらから
          ↓     ↓    ↓