開腹手術



開腹手術とは、一般的な手術方法でお腹を切って行う手術となります。
開腹手術皆さんは手術といえば子の方法を思い浮かべるのではないでしょうか?


内視鏡手術腹腔鏡下手術の術式をとらない場合、この回復手術が適応となります。


開腹手術には、幽門側胃切除術・胃全摘術・噴門側胃切除術の3つの種類があります。


いずれもがん細胞、リンパ節を切除する方法となります。


■幽門側胃切除術



幽門側胃切除とは、胃の出口を含めて胃の3分の2を切除する術式のことをいいます。


切除して残った3分の1の部分の胃と十二指腸を吻合して再建を行います。


この術式は術後の合併症も少なく、さほど難しくないいちばんオーソドックスな手術となっています。


幽門側胃切除は胃の中部から下部にある場合に適応となります。


■胃全摘術



これはその名の通り胃を全部摘出する術法になります。


これは進行胃がんになると癌はスピードをあげて胃全体に広がっていきます。


そうなるとこの胃全摘術が選択されます。


胃を全て摘出した場合、小腸を引き上げて食堂を結合します。


■噴門側胃切除術



胃の上部に癌を発見した場合にの3分の2を切除する術式のことをいいます。


胃の上部を切除した後は、小腸を結合して小腸と残りの胃を結合します。





■がんが消滅!沖縄モズクのフコイダン!

フコイダン 初回限定 体感セット!
980円で購入することができます!


注文はこちらから!






「末期ガンから生還した!」「延命した!」「副作用が軽減した!」
など世界中から感謝の声!
資料とサンプルを無料でお届けします。


        資料請求はこちらから
          ↓     ↓    ↓