腹腔鏡(ふくくうきょう)下手術



腹腔鏡(ふくくうきょう)下手術とは手術のダメージを最小限に抑える手術です。


通常の手術といえば開腹手術をイメージするかもしれませんが、腹腔鏡(ふくくうきょう)下手術は開腹するわけではありません。


これは
腹壁に数ヵ所小さな穴を開けて腹腔鏡と電気メスなどを入れてモニター画像を見ながらがんを切除する方法です。

腹腔鏡手術しかしこれは開腹手術に劣らない成績を期待されている術式です。


腹腔鏡(ふくくうきょう)下手術のメリットは穴を開けてやる術式のため開腹手術に比べて出血が少ないということがあげられます。


また開腹手術に比べて他の臓器が空気に触れずにすむといったことがあげられます。


それからなんといっても痛みが少ないうえに回復も早いため社会復帰が早いといったことがメリットになっています。


これは通常回復手術では術後退院するのに2週間〜3週間はかかるものです。


しかし腹腔鏡(ふくくうきょう)下手術の場合1週間ほどで退院することができます。

しかし逆にデメリットも存在します。


まず手術時間が内視鏡手術や開腹手術に比べても時間がかかります。


それから腹腔鏡(ふくくうきょう)下手術はモニター画像を見ながらの遠隔操作になります。


そのため腹腔内での操作には限界があります。


また臓器血管の損傷につながる恐れも秘めています。


損傷してしまった臓器血管に気付きにくいといったこともあります。


このようなデメリットがあるため、リンパ節を取り除くには適した方法ではありません。





■がんが消滅!沖縄モズクのフコイダン!

フコイダン 初回限定 体感セット!
980円で購入することができます!


注文はこちらから!





「末期ガンから生還した!」「延命した!」「副作用が軽減した!」
など世界中から感謝の声!
資料とサンプルを無料でお届けします。


        資料請求はこちらから
          ↓     ↓    ↓