内視鏡手術



内視鏡手術は、病変が浅く、リンパ節に転移している可能性が極めて小さいとき、すなわち早期胃がんの場合、内視鏡を用いて胃がんを切除します。


早期胃がんでも胃の周囲のリンパ節に転移していることもあるため、手術のときに、近くのリンパ節を取り除くことも同時に行われます。内視鏡手術


がん細胞が突起している場合は、がん細胞にループ状のワイヤーをかけて、そしてワイヤーをしぼり高周波電流を流してがん細胞を焼き切ります。


がん細胞が平らな場合には、がん細胞の下に生理食塩水を注入して隆起させます。


そしてループ状のワイヤーをかけて、そしてワイヤーをしぼり高周波電流を流してがん細胞を焼き切ります。


手術といえばお腹を開腹しなければならいといったイメージがあるかもしれませんが、内視鏡手術の場合開腹する必要はありません。


どのような方法で手術を行うかというと、口から器具を入れてファイバースコープで映し出される映像をもとに手術を行います。

そのため術後に傷跡が残るといったことはありません。


また麻酔もするので痛みもありません。


手術時間も20分ほどで終了します。


その後詳しく検査をしてがん細胞が見当たらなければ手術の成功となります。





■がんが消滅!沖縄モズクのフコイダン!

フコイダン 初回限定 体感セット!
980円で購入することができます!


注文はこちらから!





「末期ガンから生還した!」「延命した!」「副作用が軽減した!」
など世界中から感謝の声!
資料とサンプルを無料でお届けします。


        資料請求はこちらから
          ↓     ↓    ↓