放射線治療



放射線治療
とは、がん細胞に放射線を与えることによってがん細胞のDNAが合成する機能を止めて細胞分裂を行えなくさせることをいいます。


感単にいえばがん細胞の分裂を抑えたり、破壊してしまう治療法です。
放射線治療しかしこの放射線治療は胃がんにはあまり好ましくないとされています。











■放射線治療の副作用


放射線治療は胃がんにはあまり好ましくないとされる理由に健全な細胞にも障害が及ぶ可能性があるからです。


そのため非常に好ましくない副作用が発生します。


この副作用は患者さん毎によって異なってきます。


腹部に放射線照射を受ける場合には、吐き気、下痢、嘔吐などの副作用が起こります。


また放射する部分の皮膚に腫れやかゆみを生じることもあります。


放射線治療は一般的には週に4回〜5回、1日1回受けることになります。


これを約1ヶ月間行います。


この治療中に起こる副作用は1週間〜2週間ぐらいで治まります。


この放射線治療と抗がん剤治療を組み合わせた治療法も胃がんの治療には行われています。






「末期ガンから生還した!」「延命した!」「副作用が軽減した!」
など世界中から感謝の声!
資料とサンプルを無料でお届けします。


        資料請求はこちらから
          ↓     ↓    ↓