胃がんのレーザー治療



レーザー治療とは、がんが発見されたとき、また進行しているときに手術でがんを切除するのではなく、レーザーを照射して焼くというものです。


レーザー治療を受けられる患者さんについては、早期胃がんの場合、すなわち初期の段階でがんが発見された場合に限ります。


〜レーザー治療の適用の条件〜


・他の臓器にがん細胞が転移していない場合胃がんレーザー治療


・内視鏡治療が適応とならない場合


・心臓に疾患のある場合


このレーザー治療は、初期の段階でに限り用いられる治療法ですが、
がんを完全に殺すという点において非常に優れている治療法のひとつです。


内視鏡手術や腹腔鏡手術では、一度の手術でがんを完全に消滅さすことは難しいかもしれません。


通常開腹手術を行ったとしても20%ほどはがんが残ってしまうといわれています。


すなわち一度手術を行ったとしても、がんが成長して再発転移の恐れがあるということになります。


しかしレーザー治療においては、レーザーをあてたがん細胞については、確実にがんを消滅さすことができます。


またこのレーザー治療の利点としてあげられるのは、手術を受ける負担もなく、痛みがないといったことがあげられます。


このレーザー治療はがんを確実に破壊できる治療方法として注目を浴びています。





■がんが消滅!沖縄モズクのフコイダン!


沖縄モズクのフコイダンは、癌治療で高い実績を残しています。


沖縄県宮古島のきれいな海から収穫したモズクを100%使用しています。


シーフコイダンの注文はこちらから
          ↓





「末期ガンから生還した!」「延命した!」「副作用が軽減した!」
など世界中から感謝の声!
資料とサンプルを無料でお届けします。


        資料請求はこちらから
          ↓     ↓    ↓