抗がん剤治療



抗がん剤治療(化学療法)とは、抗がん剤を使用してガンの増殖、発育を抑える治療方法です。


抗がん剤治療は、何種類かの抗がん剤を組み合わせることによって効果を強くしたりすることが可能でひとつの治療法が駄目だったとしても次に行う抗がん剤治療が効果を現す場合もあります。


現在抗がん剤の種類は、輸入や開発を含めて100種類近い抗がん剤があると言われています。


抗がん剤治療は、発生部位などがんの種類によって種類は異なってきます。
抗がん剤治療使用量も人により異なってくるのですが、その差は10倍にも及んできます。


抗がん剤治療は、がんの転移や寿命延期させる今や欠かせない治療法となっています。


■抗がん剤の副作用


よく耳にする言葉かもしれませんが、抗がん剤治療には必ず副作用が現れます。


抗がん剤を投与することによってがん細胞だけではなく正常な細胞にも影響を及ぼすことになります。


〜抗がん剤の副作用の影響〜


・下痢


・口内炎


・吐き気


・心臓への動悸や不整脈


・骨髄抑制


抗がん剤を使用することによっていろいろな副作用が現れます。


あまりにも副作用が著しい場合は抗がん剤の変更、また投与を中断することもあります。


■抗がん剤の使用により治るがんが増えています!



抗がん剤というとやはり副作用が耐えれない、しんどそう・・・といったイメージがあるかもしれません。


しかしこの抗がん剤を使用することによって延命期間を延ばすことにつながってくるのです。


抗がん剤治療の歴史は意外に浅く、まだ使用されはじめてから30年わずかしか経っていません。
確かに小さなガンであれば胃を切除する手術が効果的といえます。


しかしもし切除したとしても少しでもガンが残っていればそのガンが成長して、がんが再発する恐れがでてきます。


また前進にがんが転移する恐れも当然でてきます。


抗がん剤治療がまだ無かったころ全身に転移するガンに関しては手のほどこしようがありませんでした。


しかし抗がん剤治療の発達によって血液系のがんや悪性リンパ腫に効果がでてきました。


確かに抗がん剤は使用してみなければ効果というのはわかりません。


副作用もあります。


しかし抗がん剤を使用することによって延命期間が伸びていることは事実です。






「末期ガンから生還した!」「延命した!」「副作用が軽減した!」
など世界中から感謝の声!
資料とサンプルを無料でお届けします。


        資料請求はこちらから
          ↓     ↓    ↓