食生活の改善



食生活は、胃がんの治療に欠かせないものとなっています。


胃がん治療に限らず、食生活は日常生活を送るうえで基本的なものとなっているのです。


胃がんの治療にはさまざまな治療法があります。食生活


しかしその治療法には、必ずしも完璧はなく、リスクが伴います。


たとえば手術となってくると、どんなに名医でもミスはあるかもしれません。


治せない手術もあるでしょう。


薬による治療を例にとってみましょう。


副作用といったリスクが伴ってきますね。


まず日常の食生活から見直していくのが良いでしょう。


■緑黄色野菜・果物は胃がんの発生率を下げます!



緑黄色野菜や果物は、がんの発生を下げるのに良いとされている食べ物です。


これらの食べ物にはカロテノイド,葉酸,ビタミンC,フラボノイド,フィトエストロゲン,イソチオシアネート,食物繊維などの身体に良いとされている成分が含まれています。


これらの食物を週に一度でも食べている人は、食べていない人と比較して30%も胃がんの発生率が低くなると統計調査でわかっています。
また果物や野菜をミキサーなどにかけて飲むこともおすすめです。


■漬物などの塩分の多いものを採りすぎると胃がんになりやすい!


意外かもしれませんが漬物などの伝統料理は食べ過ぎると胃の粘膜が破壊され、細胞が傷ついてしまうのでがんの発生率が高くなってしまいます。


塩辛や味噌汁などの食べ物にも同様なことがいえます。


もちろんこれらの食べ物が体に良くないというわけではなく、こういったものばかりを集中的に食べるというのが良くないということなのです。


塩分控えめ食事を心がけるようにしましょう。





◆自宅で簡単にがん検査が受けられる!!!


KENSA.BIZ郵送検査キット では、自宅で簡単に胃がんの検査が行えます。


忙しくて病院に行く時間のない方でも簡単に行えます。


検診セットが届くので内容に従って検体を郵送すれば1週間〜2週間で検査を知ることができます。


KENSA.BIZの郵送検査キットの注文はこちらから
                   ↓






「末期ガンから生還した!」「延命した!」「副作用が軽減した!」
など世界中から感謝の声!
資料とサンプルを無料でお届けします。


        資料請求はこちらから
          ↓     ↓    ↓