胃カメラとバリウム



胃カメラやバリウムは、胃の検査をするときに行われる検査です。


よく胃の調子が優れない場合や胃の調子が悪く、薬を飲んでも胃が回復しない場合はこの胃カメラを飲んで詳しく検査するのです。胃がん胃カメラ


■胃カメラ




胃カメラは口や鼻から細いチューブようなカメラを明るい光を照らしながら食道、胃、十二指腸の粘膜表面を検査していきます。


この胃カメラは飲むときはっきりいって非常に苦しいですがかなり細かいところまで観察することが可能です。


胃カメラは早期胃がんの発見に非常に役立っています。


胃潰瘍や胃炎などの発見にも効果的でかなり詳しいことまでわかってしまうのです。


またがんを疑われる部位の細胞を一部採取して、確定診断を得られることも可能です。


これを「生検」と言います。


ピロリ菌の検査も可能となっていますから、胃がんの初期段階での発見には、この胃カメラは適しているといえます。


〜胃カメラの欠点〜


胃カメラの欠点は、カメラを飲むときの違和感というのがあげられます。


もちろん胃カメラを飲む前に薬を飲んで、喉に十分な麻酔をするので大きな負担はかかりませんが、やはり個人差というのがありますから喉の反射が強い人には飲むときに苦しいという人も多いようです。


これは胃カメラの欠点といえるところですが、胃がんの初期の発見につながることを思うと胃カメラは非常に適しているといえます。


■バリウム



バリウムとは、バリウムを含む造影剤を口に含んで飲み込んだあと、検査台の上で体を上下左右に動かすことで胃の状態が観察できることをいいます。


これによって胃がんの検査を受けることが可能で潰瘍なども見つけることができます。


バリウムを飲むことによって胃全体の形を観察することができるのです。


〜バリウムの長所〜


バリウムの利点は、造影剤の流れ方を見ることで、食物の通過障害などを見つけやすく、胃の形全体を俯瞰することができるということです。


また胃カメラと違って飲むときに痛みを伴うことが少ないということがあげられます。
しかし治療や診断では胃カメラのほうが一歩優れているといえます。


■胃カメラとバリウムの長所


胃カメラとバリウムの長所は胃がんを早期の状態で発見することができるというところです。


胃がんの場合、粘膜面に異常が認められます。


しかしスキルス胃がんなどは非常に粘膜面に変化がなく広がっていく胃がんもあります。


このように胃がんにもいろいろな種類のものがあるのでそういった種類を発見するためにも胃カメラやバリウムという検査は重要だといえるでしょう。


胃に違和感を感じてそれが続くようであれば胃カメラやバリウムの検査を受けてみるのもいいかもしれません。





◆自宅で簡単にがん検査が受けられる!!!


KENSA.BIZ郵送検査キット では、自宅で簡単に胃がんの検査が行えます。


忙しくて病院に行く時間のない方でも簡単に行えます。


検診セットが届くので内容に従って検体を郵送すれば1週間〜2週間で検査を知ることができます。


KENSA.BIZの郵送検査キットの注文はこちらから
                   ↓






「末期ガンから生還した!」「延命した!」「副作用が軽減した!」
など世界中から感謝の声!
資料とサンプルを無料でお届けします。


        資料請求はこちらから
          ↓     ↓    ↓