胃がんとタバコの関係



タバコは胃がんの原因として食生活と並んで最も多いとされています。


タバコは胃がんに限らず、その他のがんでも上位の割合を占めています。


日本人の病気の中で、いちばん死亡率が高いのががんです
胃がん タバコその中でも喫煙によるトップは肺がんなのです。


胃がんもタバコが大きく関係しています。


胃がんの場合タバコを吸う人は吸わない人の2倍胃がんになりやすというデータがでています。


〜タバコが身体に害を及ぼします〜



タバコの中には約4000種類の化学物質が含まれています。


その中に有害物質がなんと200種類以上含まれています。


有名な有害物質を例えるとニコチン、タール、一酸化炭素などはこれにあたります。


タバコには強い依存症があり人間をとりこにします。


よく禁煙という言葉を耳にすると思いますがタバコがなかなかやめられないのはこの強い依存症があるからなのです。


よくストレスガ溜まったからタバコを吸うと言う人がいますが、ストレスが溜まった時点でもうすでに胃にダメージがあるのです。


さらにその状態でタバコを吸うと弱った胃にさらに追い討ちをかけてダメージを与えていることとなります。


タバコがが身体に及ぼす影響は臓器だけではありません。


当然口臭が発生する人は、タバコが原因でもあります。


また女性の場合、肌荒れの原因にも?がってきます。


これはビタミンCが破壊され、血の流れを悪くさせるからです。


タバコは胃がんの原因の30%とされています。


禁煙が健康への第一歩だといえるでしょう。





「末期ガンから生還した!」「延命した!」「副作用が軽減した!」
など世界中から感謝の声!
資料とサンプルを無料でお届けします。


        資料請求はこちらから
          ↓     ↓    ↓