胃がんと食生活の関係



生活習慣の乱れは胃がんに大きく関係しています。


これは日常気付かないうちに胃にダメージを与えているのです。


生活習慣の乱れの積み重ねが胃がんを引き起こす要因となるのです。


■食生活



生活習慣の乱れとして大きく関わっているのが食生活です。


胃がんを引き起こすいちばんの要因は塩分の摂りすぎがあげられます。


一度に多量の塩分をとりすぎると、胃壁を守っている粘液が溶けてしまいます。


そうなると発癌物質がしみこみやすくなってしまいます。


これは意外なデータかもしれませんが、日本の伝統料理である漬物、干物、みそ汁など塩分食品の摂取が高いほど胃がんになりやすいということがわかっています。


これはこれらの食品が決して悪いというわけではなく、適度に摂取すれば問題はありません。


食生活は日常生活をしていくうえで絶対必要なものですが摂取のしすぎは良くないようです。


肉類や魚類ばかりでもこれは良くありません。


肉や魚に含まれる「アミン」と野菜などに含まれる「亜硝酸」が胃の中で反応すると「ニトロソアミン」と呼ばれる強力な発がん物質ができあがってしまいます。


この発がん物質を抑えてくれるのがビタミンCをしっかり含んだ果物なのです。
胃がんと食生活の関係果物はしっかり摂取するようにしましょう。


また乳製品は胃がんの予防には良いとされています。


とくにヨーグルトにはさまざまな種類の乳酸菌が含まれています


乳酸菌は、胃がんの原因とされているピロリ菌の殺菌効果があるとされています。





「末期ガンから生還した!」「延命した!」「副作用が軽減した!」
など世界中から感謝の声!
資料とサンプルを無料でお届けします。


        資料請求はこちらから
          ↓     ↓    ↓