胃がん 再発の恐れ!



胃がんの再発ですがこれは胃がんに限らずがんを宣告されて仮に治療でがんが治ったとしても常に再発という恐れと付き合っていかなければなりません。


再発したがんは最初に生じたがんより性質が悪くなっていて、治療も困難になってきます。胃がん再発


がんの再発とは、最初の手術の段階でがん細胞がひとつでも残るとそれが増殖、分裂を始め大きな悪性腫瘍へと成長していきます。


胃がんの場合早期のがんであれば適切な治療さえ受けていれば再発することはほとんどありません。


胃がんは初期の段階では進行も遅いので転移することもほとんどありません。


最初のがん細胞切除の際にもしもがん細胞が少しでも残っていたとしたらそれは危険です。


そのほんのわずかながん細胞が成長していき、増殖、分裂してまたがんが広がり、転移して再発する恐れがあります。


がんが進行していくと再発する可能性が高くなってきます。


進行胃がんが胃を破った状態で見つかったときには胃がんの半分の患者さんが再発する可能性があります。


胃がんの再発とはつまり早期発見であればがんを切除することも可能で再発の心配はあまりありませんが、進行していくと可能性が高まってくるということになります。


転移しないようにするには手術でガン細胞を全て切除してもらうしかないと思う人も多いと思います。


発防止や転移を防ぐためにも定期的な検診や診断が大切になってきます。


一度手術をした人で胃に不快感や違和感を感じたらすぐに病院で診察してもらうようにしましょう。


■一度胃がんの手術を受けた人のフォロー



一度胃がんの手術を受けてがんを取り除いたからといって安心してはいけません。


がんは常に再発の恐れを伴いますし、がん細胞が自分から死んでいくことはありません。


一度手術を受けるとさまざまな症状が出始めます。


〜胃を切ったあとに出る症状〜



1、下痢


月に一度か二度ほど下痢に見舞われます。


これは数日後すぐに元に戻りますからあまり気にすることのない症状となります。


2、ダンピング症候群


胃を全て切除した人は吐き気などを伴います。


この原因は、胃がなくなったために、食べ物が急速に小腸に流れ込むために起きます。


これは食事の改善でいい状態を保つようにしなければなりません。


これをダンピング症候群と言います。


3、貧血


これは胃を全部摘出した人に多い症状です。


これは定期的にビタミンB―12の注射をする必要があります。


4、腸閉塞


腸閉塞の原因は腸の癒着です。


腹痛、嘔吐がでた場合は病院に行き、主治医に相談して下さい。






「末期ガンから生還した!」「延命した!」「副作用が軽減した!」
など世界中から感謝の声!
資料とサンプルを無料でお届けします。


        資料請求はこちらから
          ↓     ↓    ↓