胃がん 転移



胃がんの転移ですがこれは他の癌に比べて転移しにくい癌だとされています。


これは初期の段階で発見された場合、癌細胞は固まりの状態になっていて、分裂、増殖を繰り返すことはないからです。


しかしこれはあくまで初期の段階のことになってきます。


当然がんは命に関わる病気ですし、癌は転移するものです。
胃がん転移早期発見できれば転移することのない状態でがんを切除することが可能ですが、胃がんの場合がん細胞は小さな固まりの状態からゆっくりと増殖し、分裂していきます。


ゆっくりゆっくりと・・・・


そして進行を続け筋肉にまでがん細胞は広がっていきます。


これを「進行胃がん」と言いますがこうなってしまうとがん細胞は広がるスピードが速まっていきます。


がん細胞が広がってくるとがんが転移してしまいます。


胃がんで主に転移されやすいところはリンパ節、肝臓、腹膜とされています。


■リンパ節への転移



胃がんの転移として最も多いのがリンパ節転移です


胃袋の後ろには大動脈が走っています。


そこから枝分かれした先の肝臓・膵臓・胃に分布する動脈周辺への転移が最も転移しやすいとされています。


リンパ節の転移は他の臓器転移と違って手術でリンパ節を取り去ることである程度治すことが可能です。


しかし広範囲へのリンパ節への転移が認められた場合すでに手術の適応はなく、延命処置として抗がん剤を使用します。


■肝臓への転移



胃の静脈内に入り込んだがん細胞が肝臓に流れていき、そこで大きくなって発生します。
とくに肝臓には、大量の血液が流れ込んでくるため肝臓への転移が多く見られます。


肝転移の場合切除が可能な場合、手術を優先して行います。


現在の医療レベルでこの切除ほど確実な処置はありません。




■腹膜への転移




粘膜から深く浸潤していったがん細胞が一番外側の奬膜を突き破り、大腸・小腸・膀胱などの臓器の外側の膜や、それら臓器を一括して包んでいるお腹の膜にくっついて発生します。


そして胃のがんの進行とともに細胞が血管やリンパ節を通って腹膜へを浸出し、腹水が溜まっていきます。






「末期ガンから生還した!」「延命した!」「副作用が軽減した!」
など世界中から感謝の声!
資料とサンプルを無料でお届けします。


        資料請求はこちらから
          ↓     ↓    ↓