胃がんの進行



胃がんの進行状況は初期段階から始まり、中期、中期後半と徐々に症状がでてきます。


胃がんは胃を覆う粘膜の中で一つでも細胞が、がん化するとがんが始まります。
このがん細胞は増殖・分裂を繰り返しながら悪性腫瘍へと姿を変えていきます。


肺がんは進行も早く、転移を繰り返しますが、胃がんはゆっくりと進行していくのが特徴です。


胃がんの場合癌細胞が発生して数ミリまでの成長をとげるのに3年〜5年の期間を要する場合もありますし、長期にわたって進行しない場合もあります。


初期での胃がんの発見は胃の表面で小さく盛り上がった状態で見つかります。


これが胃の粘膜や胃の粘膜下層に数年ほど留まっていきます。


この状態を「早期胃がん」と言います。


胃がんの進行は様々で、胃の内部に盛り上がったり、また外部にも進出したりする場合もあります。


胃がんの場合胃のどこまでの深さまでがんが進出しているかが大きな問題となってきます。


当然がんが深ければ深いほど治療は困難となってきます。


早期胃がんがどんどん進行を続けて行くと今度はがんが筋肉まで達してしまいます。


この状態を「進行胃がん」と言います。


先ほど言いましたが胃がんの場合ゆっくりゆっくりと進行して行きます。


しかし進行胃がんになるとがんが悪性化しているのでがんが増殖するスピードは速まっていきます。


すなわち癌がどんどん広がっていくということになります。


さらに進行胃がんになってしまった場合、すでにリンパ節への転移が始まっていることがほとんどです。


リンパ節から次第に遠い組織にも侵食していき、膵臓などへの臓器への転移が始まる可能性もでてきます。


胃がんが転移する中で最も転移しやすい場所が肝臓です。


肝臓に転移した癌細胞は肝臓で成長をはじめます。


そして身体をどんどん虫食んでいくのです。


もし症状が出た場合、時間の無い方でも簡単に胃がんの検査が行えます。


それがKENSA.BIZの郵送検査キット です。


低価格で購入することが可能で、インターネットで検査を確認することができます。


11251739_4b0ced3ccb0ab.jpgKENSA.BIZの郵送検査キット


■胃がんの初期症状



胃がんの症状は初期の段階では極めてわかりにくい症状となっています。


症状が出たとしても胃の鈍痛・膨満感・食欲不振・倦怠感などで胃がん特有の症状ではありません。


これは日常でも度々あることなのです。


・胃の不快感


・食欲不振


・ゲップが頻繁にでる


・みぞおちに痛みを感じる


・胃がチクチク痛む



このような症状がでたら病院で診察を受けるようにしましょう。


胃がんの恐れを常に疑ってください。


■胃がんの中期の症状



初期の症状ではあまり胃がんだと自覚することがありません。


しかしこれが進行して中期の症状で現れると徐々に身体の異変に気付き始めます。


・黒い便が出る


・やわらかい便が出る


これは腫瘍からの出血が原因です。


これを放置しておくと更にわかりやすい症状が出始めます。


■胃がんの中期後半の症状



・吐血胃がん 進行状況


・下血


・息切れが激しい


・体重減少


ここまでくると日常生活にもう支障がでています。


大至急病院で治療を行うようにしましょう。





「末期ガンから生還した!」「延命した!」「副作用が軽減した!」
など世界中から感謝の声!
資料とサンプルを無料でお届けします。


        資料請求はこちらから
          ↓     ↓    ↓