手術による胃の切除・摘出



胃の切除は、胃がんの手術の治療のひとつで避けては通れない道となっています。


しかし手術で胃を切除するということは、がんを治す手段といえど不安なことだと思います。


切除したことによって日常生活に支障はないかどうか?などいろいろな不安があると思います。


しかしこの胃を切除する外科療法は胃がんの治療としては非常に効果的です。手術による胃の切除


胃の切除は早期発見であればがんに侵されている胃の部分も小さいので切除する範囲も小さくてすみます。


しかしがんに侵されている部分が広範囲に拡がっていたり、リンパ管にまで転移しているようであればこのリンパ管まで摘出しなければなりません。


またそれ以上がんが、拡がっていれば胃全部を切除しなければなりません。


まず手術による胃の切除ですがこれはがんの進行によって胃の部分的な切除になるのか、全体的な切除になるか決まってきます。


〜生活環境の変化〜



どれくらい胃を切除するかによって生活環境の変化が変わってくるよです。
胃は物を食べたときに食べたものを一時的に蓄える働きがあります。


胃を一時的に経由するのですがここに約1時間〜3時間貯蔵するのです。


そして胃のぜん動運動によって胃酸とペプシンがタンパク質を分解されます。


食べたものを一部消化したら次は十二指腸へ運ばれます。


胃を切除することによって胃が小さくなりますから一度に食べる量は減ってくるわけです。


通常人間は朝・昼・晩の3食食事をとると思いますが、これが1日5〜6食を少しづつわけて食べるようになります。


胃を部分的に切除した人は一度に食べる食事があまり食べられないため、少しづつ量を増やしていき、日常生活に少しづつ近づけていくようです。


当然お酒を飲む人も今までは多量のお酒を飲む人だったのが少量に減っていくようです。


胃の摘出手術の約30%の割合を占めているのです。






「末期ガンから生還した!」「延命した!」「副作用が軽減した!」
など世界中から感謝の声!
資料とサンプルを無料でお届けします。


        資料請求はこちらから
          ↓     ↓    ↓