胃がんとは



胃がんとは胃の粘膜にできた悪性腫瘍のことを言います。


胃がんは男性に多くみられる癌で、年代で見てみると50代〜60代の人に集中しています。


しかし胃がんは,、近年減少傾向にあります。
というのも最近では、健康診断や人間ドックの普及により早期で胃がんを発見できるようになってきました。
治癒率も早期発見であれば95%とすばらしい実績を残しています。


減少してきたといっても胃がんは肺がんに次いで2番目に多いがんとなっています。


胃がんは大きく分けて「早期胃がん」と「進行胃がん」の二つに分けられます。肺がんとは


胃がんの中で最も悪質とされているのが、スキルス胃がんです。
これは胃壁の中から進行していき、胃を硬まらせます。
胃壁の中から進行していくため、早期発見が難しく、進行が早いのが特徴です。
30代〜40代の女性に多く見られ、治療が困難なものになっています。

■早期胃がん



胃壁は内側から、粘膜、粘膜筋板、粘膜下組織層、筋層、漿膜層の順に層を形成しています。


がんの浸潤が粘膜下組織層にとどまっていることを言います。


■進行胃がん



がんが筋層から漿膜層の範囲まで浸潤したことを言います。


■胃がんの特徴



胃がんの症状ははっきりいって非常にわかりにくく、いざ胃がんと診断されたときには癌が転移し、手遅れになっていることが多いのが現状です。


早期がんの場合このような症状がでたら疑ってください。


・胃の不快感・違和感


・げっぷが多く出る


・食欲不振


極めてわかりにくい症状かもしれませんが、胃が弱くなっていることを警戒するようにしましょう。


進行胃がんになってくるとはっきりと症状が出始めます。


・食欲不振がひどくなる


・衰弱してくる


・お腹が張ってくる


・血を吐く


・便に血が混じる


・体重減少


などの日常生活ではないような症状が出始めます。


がんが進行すると、がん細胞が血液に入り込みます。


血液に癌細胞が入り込むと肺、脳、肝臓などの臓器にがんが転移する恐れがでてきます。


■どうして胃癌になるのか?



胃がんは、日本人に非常に多いがんとして知られています。


胃がんの原因として考えられているのが食生活です。


塩分の過剰摂取、動物性食品の摂取などが挙げられています。


その上ビタミンの摂取不足が目立ち、これは非常に悪循環といえます。


それからこれは胃がんの原因の中でも大半の理由を占めますが喫煙はやはり大きな原因の理由として挙げられます。


これはたばこの中に含まれる有害物質が胃の粘膜を刺激して胃がんの原因を作り出すとされています。





「末期ガンから生還した!」「延命した!」「副作用が軽減した!」
など世界中から感謝の声!
資料とサンプルを無料でお届けします。


        資料請求はこちらから
          ↓     ↓    ↓